静岡県の廃車買取・リサイクル部品販売

tel:0550-89-5110 営業時間|9:00~17:00

会社案内

富士山の美しい街を守る

環境にやさしい自動車リサイクルが当社の使命です。

循環型社会への扉が今、開けられようとしています。

使命を終えた自動車からリサイクル部品へ

使命を終えた自動車からリサイクル部品へ

現在、国内で廃車される車の台数は500万台/年。これら使用済み車両を廃棄物として捨てるのではなく、人の手、私たちの手を加えることにより リサイクル部品として生まれ変わることが出来ます。 経験とノウハウを生かした部品の取り外しから生産・技術・美化作業・各種テスターに よる品質チェック、私たちは、いくつもの工程を経て再びクルマ社会で活躍するリサイクル部品を つくりだしています。
Re-use(再利用)はクルマ社会の未来を考え、循環型社会実現への大きな一歩です。 自動車部品の再利用を通して廃棄物の削減だけでなくコスト削減にも効果がある 環境にやさしいリサイクル部品をお届けいたします。

会社概要

社名 太田部品株式会社
所在地 〒412-0011 静岡県御殿場市古沢986-4
資本金 1,000万円
創業 昭和49年3月29日
設立 平成元年6月1日
主要取引銀行 静岡銀行 駿河銀行 沼津信用金庫
許認可 静岡県解体業許可第20223400155号
静岡県引取業許可第20221400155号
静岡県フロン回収業許可第20222400155号
第二種特定製品引取業者登録番号
静岡201769
第二種特定フロン類回収業者登録番号
静岡300027
古物商許可
静岡県公安委員会第45号
静岡県公安委員会第491080000868号
事業内容

自動車リサイクルパーツの販売
自動車リビルトパーツの販売
※取扱い品目…エンジン・ミッション・外装品・足廻り品・電装品・その他自動車部品
リース車両回収業務| 芙蓉AR、日産プラザソル、東京AR 日産部品中央販売(株)業務提携
損害保険|あいおいニッセイ同和損保、アクサダイレクト、損保ジャパン日本興亜

ISO ISOマーク
  • 太田部品全景

  • 太田部品全景2

  • 太田部品工場内

  • 太田部品解体作業

  • 太田部品部品庫

  • 太田部品解体作業

  • 太田部品部品庫

  • リサイクル部品発送業務

アクセス

交通

東名高速 御殿場ICより車で15分ほどです。

沿革

昭和49年 3月 太田自動車の商号で開業
昭和51年 7月 静岡県自動車解体業協同組合加盟
昭和54年 7月 米国ロサンゼルス中古部品商視察
昭和63年 11月 全国ネットのNGPグループに加盟
平成元年 6月 有限会社太田部品 設立
平成元年 9月 車輌管理用ヤード建設
平成3年  1月 NGPオンライン(全国7番)開通
平成7年  7月 中国自動車産業視察
平成8年  9月 ドイツ中古部品商視察
平成9年  4月 中国自動車産業視察
平成9年  9月 車輌管理用ヤード建設
平成9年  10月 北欧中古部品商視察
平成10年  3月 韓国自動車産業視察
平成10年  7月 静岡県産業廃棄物収集運搬業許可取得
平成11年  3月 米国ロサンゼルス中古部品商視察
平成11年  4月 神奈川県産業廃棄物収集運搬業許可取得
平成11年  5月 長野県産業廃棄物収集運搬業許可取得
平成12年  6月 組織変更し太田部品株式会社設立
平成12年  7月 生産工場・倉庫新築
平成14年  7月 積替え保管ヤード建設
平成16年  8月 自動車リサイクル法施行に伴い、
自動車引取業許可取得
自動車フロン回収業許可取得
自動車解体業許可取得
平成28年  10月 ISO合同認証取得

環境方針

クルマは現代社会において日常生活に無くてはならないものとなりましたが、便利で快適な乗り物も、今日様々な環境問題を抱える事となりました。
太田部品株式会社は、自動車リサイクル部品の生産事業を通じて、使用済み自動車の適正処理は基より、資源の3R(リデュース・リ ユース・リサイクル)を推進し、循環型社会に貢献するとともに、日本一の富士山に抱かれたこの地域社会の地球環境保全に努め、NGPグループの環境方針を 尊重し、人とクルマの共生を目指しこの環境方針を定めます。

基本行動方針

  1. 環境保全活動において、事業活動が環境に与える影響を正しく認識し、 技術的・経済的に可能な範囲で、目的・目標を設定し環境マネジメントシステムの 見直しを行う事により、継続的な改善及び汚染予防について 以下の通り取り組みます。
    (1)車輌受入れによる循環型社会への貢献 営業・仕入れ活動により、広く車輌を受け入れる事で3Rを積極的にすすめます。
  2. 関連する環境の法規制を遵守するとともに、組織が同意するその他の要求事項を 遵守し、環境保全に努めます。
  3. この環境方針を文書化し、全従業員に周知します。
  4. この環境方針は、一般の人に開示します。

平成21年2月1日
太田部品株式会社 代表取締役 太田 勲

ページトップへ